銀行ローン審査

銀行カードローン審査は、おまとめ・借り換えに関しては甘いの?

おすすめ消費者金融ランキング

1位 プロミス 即日融資かつ無利息期間が心強い!

200*200

 

プロミスのメリット
■プロミスは消費者金融で一番低金利! 4.5〜17.8%

 

■30日間の無利息キャッシングも可能!(初回限定でメールアドレス登録、WEB明細の利用が条件)

 

■即日融資もできる 

 

■土日も振込に対応(三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座があることが条件)

 

■安心して返済可能! 10万円借りても月々4000円の返済♪

 

プロミスに申し込むならばコチラ

 

 

2位 モビット WEB完結申込みで誰にも秘密で利用できるのが強み!

お二人 200x200

 

モビットのメリット
■WEB完結申込みなら、電話連絡なしで、郵送物もなしで、借入ができる!

 

■今すぐお金が必要というときも安心の即日融資。電話をかければさらに急いで即日融資!

 

■安心の低金利 4.8〜18.0%

 

■平日の9時00分から14時50分までに振込の手続きが完了すれば、即日振込にも対応!

 

■モビット公式スマホアプリがおすすめ! 本人確認書類や収入証明書類などをスマホで撮影すれば、簡単に送信可能!

 

 

モビットに申し込むならコチラ

 

 

3位 アコム 無利息期間最大30日! 即日融資も業界最速!!

アコム

 

アコムのメリット
■最大30日間の無利息期間! (初回限定)

 

■業界最速の即日融資! 最短なら審査回答まで30分以内

 

■借入限度額が50万円以下は原則所得証明書不要!

 

■消費者金融の高水準金利 4.7〜18.0%

 

■楽天銀行の口座があれば、24時間365日いつでも振込可能!

 

 

アコムに申し込むならコチラ

 

おまとめにおすすめ低金利のオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローンのメリット
■銀行業界トップレベルの低金利! 3.0〜17.8%

 

■借入限度額800万円 使い道自由!

 

■最短即日審査!

 

■希望限度額300万円以下は所得証明書不要!

 

■来店不要! 申込みから借入、返済まですべてweb上で手続可

 

■提携ATMは終日、借入・返済手数料が無料!

 

 

オリックス銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

 

 

銀行カードローンはおまとめローンや借り換えローンとしても使えますので、複数の金融機関の借金がある場合はとても重宝しますよね。

 

でも、そんな銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか。それとも甘いのでしょうか。

 

銀行カードローンにおいて、おまとめローン・借り換え審査は甘いという話を聞きますが、それは果たして本当なのでしょうか。

 

今回は、銀行カードローンの審査が甘いか厳しいかを解説します。

 

おまとめでも借り換えでも、カードローン審査が甘い銀行はない

おまとめローンとして利用するとしても、借り換えローンとして利用するとしても、銀行カードローン審査が甘い銀行はありません。

 

そもそも、審査は顧客の返済能力を見極めるために、厳正に行うべきものなので、銀行も消費者金融も、きちんとした基準を用いて審査をしています。
したがって、審査が甘い銀行などというものはありません。

 

もし甘い金融機関があるとすれば、それは闇金融の可能性があるので注意しましょう。

 

「審査甘い」や「ブラックOK」など、甘美に聞こえるキャッチフレーズでおまとめローンの勧誘をされたら注意が必要です。

 

おまとめローンならぬ、おまとめ詐欺に合うかもしれないので気をつけましょう。

 

ちなみに、おまとめ詐欺をする闇金融は、東京三菱ファイナンス、りそなファイナンスなど、有名な銀行などに巧妙に名前を似せて、そのグループ企業を装っていることがあるのでうっかり信じてしまわないようにしましょう。

 

銀行カードローンの審査が甘いか厳しいかを気にするよりは審査基準を満たすことが重要です

銀行カードローンは基本的に使い道が自由です。

 

銀行カードローンは基本的に事業性資金のための利用はできませんが、家族の年一回の旅行や、会社の付き合いでの飲み会、友だちの結婚式のご祝儀、一時的に足りなくなった生活費など、いろいろなことに幅広く使うことができます。

 

また、銀行カードローンは当サイト『銀行ローン審査※おまとめローン・借り換え審査は甘いの?』で紹介しているオリックス銀行カードローンのようにおまとめローンや借り換えローンとして借金を一本化するために利用することも可能です。

 

そんな銀行カードローンですが、その審査は甘いか厳しいかを気にして銀行カードローンを探すよりも、自分が銀行の審査基準を満たしているかどうかを気にしながら申し込むのがおすすめです。

 

たとえば、オリックス銀行カードローンの審査基準として重要になることは、申込みした顧客が、安定的かつ継続的な収入を得ているということです。

 

顧客が、きちんと仕事に就き安定的な収入があれば、オリックス銀行カードローンの審査に通過する可能性は十分にありますよ。

 

自分はフルタイムで働く正社員の人よりも収入が少ないから、きっと銀行カードローンの審査に通過するのは難しいだろうと心配しているアルバイトやパート主婦の方も、アルバイトやパートでお仕事をしているならば、それは安定的な収入を得ているということなので、審査に通ることも考えられます。

 

オリックス銀行カードローンは、アルバイトやパート主婦の方も利用できた、という報告が寄せられている銀行カードローンですので、まずは思い切って申込んでみるのが良いでしょう。

 

ただし、審査の際に安定的な収入を得ていることはもちろん、、顧客の勤続年数についても銀行スタッフは注目しています。

 

理想としては勤続年数が一年以上は欲しいところですし、最低でも半年は仕事に勤めていなければ審査に通過する可能性は低くなるかと思います。

 

よって、銀行カードローンの審査を受けるときに、勤続年数が一年に達していない方は、一年になるまで待ってから申し込むのがおすすめです。

 

銀行カードローンの審査に通過するためのコツは他にもあります。

 

銀行カードローンの審査が甘いところはないというのが前提ではありますが、必要以上に審査が厳しいところは選ばない方が良いでしょう。

 

たとえば、金融機関の審査の厳しさは、銀行、信販会社、消費者金融の順となりますが、その審査が最も厳しいとされる銀行にも審査の厳しさの順位というものがあります。

 

一般的には、銀行の審査の厳しさは、三大メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行の順番になるとされています。

 

よって、もし、あなたが銀行カードローンの審査に通りたいけれど、審査に通る自信があまりないという場合は、メガバンクの銀行カードローンを選ぶよりは、地方銀行やネット銀行などを選ぶのが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、当サイト紹介のオリックス銀行カードローンは、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンよりは審査は厳しくないものと予想されますし、そのスペックもメガバンクの銀行カードローンのスペックと比較しても負けていないかと思います。

 

オリックス銀行カードローンの金利は、下限金利が金融業界でもトップレベルですし、また、借入限度額も大きいのでおまとめローンとして利用すれば、月々の支払い額や総返済額を大幅に減らせる可能性があるでしょう。

 

繰り返しますが、銀行カードローンは低金利なので、おまとめローンや借り換えローンとして利用するのにうってつけです。

 

当サイトの解説した銀行カードローンの審査に通過するためのコツを、お借入の申込みの際は参考にしていただけたら幸いです。

 

以上、『銀行ローン審査※おまとめローン・借り換え審査は甘いの?』の銀行カードローン審査情報でした。

 

参考:オリックス銀行カードローン※おまとめや借り換えにも最適!